日産霊芝とは

日産霊芝は日本国内で栽培した霊芝を
国内で加工した
安心・安全な
国産の健康食品です。

霊芝とは

霊芝とは、マンネンタケ(マンネンタケ科のキノコ)の中国名です。 「芝」は「キノコ」を表し、「霊妙不可思議なキノコ」との意味で名付けられました。
古来、中国では霊芝は麒麟や竜などとともに「天子が仁政治を行うとき天から降る」ものと言い伝えられ、「瑞祥(めでたい印)」として、実在するものの最上位に置かれていました。 また、後漢時代(西暦25年~220年)に編集されたといわれる中国の古書『神農本草経』では、数々の天然物がその働きによって「上品」「中品」「下品」の3段階に分類されており、霊芝は「上品」に分類され健康維持に役立つものと記されています。
霊芝は日本にも早くから伝わっていたようです。『日本書紀』(720年)や日本最古の本草書である『本草和名』(918年)にもその名があり、健康を保つキノコとして知られていました。

私たちが考える「食経験」健康を願う先人の知恵

日本書紀にも記され、日本人が1300年以上もの昔から、健康の為に食してきた霊芝。更に中国では3000年以上もの歴史があります。その「食経験」は、霊芝が健康を保つキノコとして比類のないものであり、安全な食品であることを裏づけています。だからといって、「霊芝であれば何でもOK」という事ではありません。
霊芝が永年にわたり食されてきたという事実だけが「食経験」なのではなく、先人が、どんな生育環境の霊芝を選んだのか、どんな調理方法をとったのか、さらにはどれだけ摂取したのかといった全ての情報こそが「食経験」なのではないでしょうか。
霊芝を優れた健康食品として摂取するためには、先人の「食経験」のままの霊芝でなければならないと、私たち日産化学は考えています。

伝統の霊芝を伝統にならい栽培・抽出先人の教えを現代に活かす

先人たちは、様々な霊芝の中から「赤霊芝」を採取し、それを刻んで熱湯で煮出し「お茶」として飲用されてきました。
日産霊芝は栽培から抽出まで、伝統にならった製法を頑なに守っています。
日産化学では専用ハウス内で、赤霊芝をホダ木で栽培。もちろん農薬は撒かずに有機肥料を使用しています。
抽出は伝統的な煮出しと同じく、キノコを丸ごと粉砕しての熱水抽出。特定成分だけの化学的な抽出は行いません。霊芝の良さは、ある特定の成分によるものではなく、含まれる全ての成分バランスによるものと考えるからです。
先人がお茶として飲んだ分量は、キノコに換算して1日2~3g。日産の霊芝は、抽出エキスを粉末化し、1日にキノコ3g分を確実にしかも手軽に摂取できるよう錠剤や顆粒の形にしました。
まさに先人の知恵を現代の技術で再現したのです。

自信を持って作り上げたブランド安心・安全・信頼
自信のブランド

「日産霊芝」は真の意味での「食経験」に裏づけされた自信のブランドです。
日産化学は霊芝の栽培から最終製品まで、一貫した生産管理のもとに責任体制を確立。農薬ポジティブリスト制度やトレーサビリティに対応した「こだわりの品質」をお約束します。
健康食品は「安全・安心」が絶対条件。たとえコストが高くても、どんなに手間がかかっても、日産化学は「安全・安心」をとことん追求しています。
既に、発売以来20年以上にわたり、環太平洋地区の華僑や華人の皆さんに支持され、日産霊芝の「食経験」を作り上げて頂いています。更に、日産化学グループの社員やOB、そしてその家族等延べ3万人が飲んできたという実績もあります。
さあ、あなたも安心してお試しになりませんか?

動画での紹介

日産霊芝の魅力を動画でご覧いただけます。

動画の一覧を見る

お問合せ・サンプル請求

誠に勝手ながらサンプル配布予定数になりましたら、
締め切らせていただきます。